情緒不安定な女性

関心のないことはなにをやってもダメそれも徹底していたわけだ。型が、その型性を徹底して発揮させだからこそ、戦後。ーナリズムの一時代を築くような大人物になったのだといえるって大型の女気質甘え上手の型女性中での力関係にとても敏感である。集団内での自分の立場が、相対する他の人と比べて強いか弱いかを常に肌で感じ取り、半ば無意識的にも行動や一言動に反映させていく。。これは、男女ともに共通である、女性は今のところか社会的弱者だ。自分は者だ。と自覚したものは、強い者の保護を求めるか、弱いものどうし結束を固めてグルて強者に立ち向かうしかない。こと恋愛に関しては、グループ戦は不可能だろう。前著『血液型しつけ学」(講談社文庫)でも報告したが、極端な社会的弱者である幼児や子供をみたとき、型の子供は、「これがあの自己主張の強いO型?」と驚かされるほど、おとなしくて、甘、えっ子であった。それほどープとし型の子供は、強い大人に保護を求めているのである。、型の子は愛情の不足にとくに敏感だ。親が共稼ぎなどで忙しく、十分にスキンシップな愛型は、集団の型の男気質の冒頭のところでも述べたがρ弱情を与えられない子供は、外部に愛情の飢えを満たすものを求めて、親には反抗的な態度を示したりする。逆に、親の愛情に恵まれている子供は、のびのびとおおらかな性格を持つようになるのだ。女性も、対男性では。弱者。である以上、やはり、状況が似てくる。付き合っている男性の中に、か保護者。としての強さを認めた女性は、男によく甘え、素直で献身的な態度を示す。その男性から十分に愛されていると感じていれば、陽気で、楽天的で、どこか愛矯のあるカワイイ女。になるはずだ。このタイプの型が、愛される幸福を感じながら家庭に入り年月を重ねていくと、おおらかに夫を包み込むような母性的な愛を発揮するようになる。一方で、保護者たる特定の男性にいつまでたっても巡り逢、えないか、保護者である男性はいても十分な愛が得られず、信頼関係がいまひとつ確立されていない場合は、目立って情緒が不安定になるのも型女性の特徴だ。職業や職能に自信を持ち、経済的にも自立している女性なら、情緒不安定になる心配はない。自分が弱者。と意識していないのだから保護を求める必要性もないわけだ。型本来のたくましさをみせて、男社会の荒波をものともせず生きていくだろう。こうなると、男性観も変わってくる。

Category: 未分類
Comments are disabled